Peter Baumann / Machines Of Desire (2016)

『まさかの音楽シーン復帰作品』

1980年代のPrivate Musicレーベル以来、ソロ作品では1983年のStrangers In The Night以来、音楽シーンから消息を絶っていたピーター・バウマン。 久しぶりの新作が届けられたことを、素直に喜びたい。

本作の売りは、タンジェリン・ドリーム在籍時の頃の手法で制作されたこととされる。 もちろん、それに偽りはない。

クリアなエレクトロニックサウンドながら、Romance 76やTrans Harmonic Nightsのような極限の空気感には及ばず。 一つ一つのパートはエコーが深く、包み込まれるようなサウンド。 曲名にCaveやAbyssなどのキーワードがあるとおり、意図どおりのコンセプトかもしれないが、緩やかに漂うような良質のアンビエントに仕上がっている。 ただ、心なしか重い感じで、耳に残らないのは気のせいだろうか?

ラストのDust To Dustは芙苑晶(AQi Fzono)を思わせる演出あり。この方も消息不明っぽいので、久しぶりに聴いてみるかな(脱線して、すんません)。

  1. The Blue Dream 5:53
  2. Searching In Vain 5:37
  3. Valley Of The Gods 4:13
  4. Echoes In The Cave 3:55
  5. Ordinary Wonder 6:00
  6. Crossing The Abyss 5:58
  7. Dancing In The Dark 4:57
  8. Dust To Dust 6:24


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT

Ads by Sitemix