Christopher Franke / Perry Rhodan - Pax Terra (1996)

『主題歌入りエレクトロニック・シンフォニー』

「ペリー・ローダン」は1961年から刊行され続ける宇宙モノ連続小説。 本作は、小説を題材にしたオリジナルアルバムである。 Pax Terra(ラテン語で地球の平和を意味するらしい)は、実質的なアルバムタイトルといえそうだ。

作風は Babylon 5 Suite にも通じる吹奏楽団+エレクトロニック・サウンドであるが、 それに比べると、リラックスした作りになっている。 サントラの縛りがないので、のびのびと制作できたのだろうか。 アンビエント系のサウンドも、なかなか充実。

Bridge To Eternity と The Third Question にはヴォーカル・パートあり、 シンフォニーの1パートとして組み込まれている。 歌い手の Miko, Rick Jude 両氏はあまり個性を主張せず、さらりと歌っている。 覚えやすいメロディになっており、Bridge To Eternityはシングルカットされている。 The Third Question にもBridge To Eternityがそのまま現れる箇所あり。

実の所、これを聴いていると、 オザンナのミラノカリブロ9(Preludio Tema Variazioni Canzona)の1曲目と2曲目を強く連想する瞬間があり、 メロディが似ているわけでは無いが、おそらくコード進行が一時的に重複しているのであろう。 ミラノカリブロ9を流しながら、The Third Questionをちょびっとだけ歌えそうである。

  1. Bridge To Eternity 6:58
  2. The Wonders Of Estartu 9:26
  3. Atlan - The Solitary Spirit Of Time 6:09
  4. The Third Question 11:53
  5. Mountain Of Creation 8:48
  6. Frost Ruby 10:42
  7. Bridge To Eternity (Single Cut) 3:23


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT

Ads by Sitemix