Christopher Franke / The Original Soundtrack Babylon 5 Suite (1995)

『エレクトロニック・クラシカル音楽の集大成』

バビロン5はアメリカで放送された宇宙モノ連続テレビドラマ。 放送時期は1993年から1999年とされており、本作を皮切りに多くのサントラアルバムがリリースされている。

音楽的には先にリリースされた Universal Soldier O.S.T. の後継である。 4編の組曲として構成され、エレクトロニックな味付けも強くなり、聴き応えも十分にあり。 だから「単なるサントラアルバム」ではなく、本格的な音楽作品として楽しめると思う。 シンフォ系がお好きなら、ぜひお試しいただきたい。

Chrysalisで現れるフレーズは、初期のメインテーマになっているらしい。 Mind Warでは、フランケならではのビートとシーケンスの応酬あり。 Parliament Of Dreamsではクールなサックス(シンセかもしれないが)が聴ける。 タンジェリン・ドリームのサントラ、Miracle Mileからの引用もあり。 それから、The N.P.G. Orchestra(aka. Prince) / Kamasutraと同じ音源ライブラリが使われているようだ。

1-4 Chrysalis part1-4 18:20
5-6 Mind War part1-2 6:12
7-9 Parliament Of Dreams part1-3 18:01
10-12 The Geometry Of Shadows part1-3 15:28

バビロン5のサントラは、本作を含めて30作くらいに及ぶが、 他の作品をかいつまんで試聴した範囲では、大体同じような傾向らしい。 Parliament Of Dreams(サックス)のテーマも現れるらしいが、詳細は未確認。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT

Ads by Sitemix